医療クリニックの脱毛と永久脱毛の関係

医療クリニックの脱毛は、黒い色素に反応する光を、ムダ毛の毛根にあるメラニン色素に反応させて生じた熱で、毛根を破壊する脱毛で、強い光を使うことが特徴です。サロンの脱毛としくみは同じなのですが、サロンの脱毛は、光が弱いために、毛根を破壊することはできないので、永久脱毛をすることはできません。毛根を破壊することができる医療脱毛は、永久脱毛をすることができます。

vioの自己処理よりもエタラビで効果的に脱毛出来ます

サロンの脱毛の弱い光でも、毛根にダメージを与えることができるので、ムダ毛の成長を遅らせたり、ムダ毛の毛質を産毛のように細くて柔らかく、目立ちにくい毛質に変化する効果を期待することができますが、後から細い毛が生えてくることがあるので、自己処理は楽になりますが、ムダ毛がなくなるわけではありません。

医療クリニックの脱毛のしくみと永久脱毛の関係

毛根を破壊して、毛を再生できなくすることができる医療脱毛だけが、永久脱毛と言えるため、ムダ毛の自己処理をしたくない、と言う人は、美容外科や美容皮膚科など、美容系の医療クリニックで行う医療脱毛を選び、永久脱毛をすることがおすすめです。最近は、痛みの少ないレーザー脱毛機器が開発されていたり、痛みを軽減する冷却装置が付いていたりするため、痛みを気にせずに脱毛できるようになってきています。

Comments are closed.